リージョナルHERO

暮らしたい場所へのリージョナル転職を成功させたHERO

香川へのリージョナル転職を見事実現された候補者の 高幡智治さん(仮名) にインタビューしました。

場所にこだわらなければ、チャンスは広がる。住めば、どこでも都になる。

「全国どこでもOKでした」と自らの転職活動を振り返る高幡智治さん(仮名)が、今回のリージョナルヒーロー。高幡さんは北海道出身。高校を卒業後、千葉の会社に就職し、製鉄設備のメンテナンスを手がけていた。その後、電力関係のメンテナンス業へ最初の転職。だがそこで「協力会社」の現実を思い知らされた。1社目も2社目も、大手企業の協力会社だったが、ポジションが違ったのだ。「1社目は大手のすぐ下。2社目はさらに下にある協力会社。そこまで下になると、指示通りの仕事しかできないし、言いたいことも言えなかった」と高幡さん。「やっぱり、働くなら上のほうで」と痛感し、転職活動を開始。ターゲットはずばり大手企業。その代わり、勤務地は絞らないという戦略で臨んだ結果、出会ったのが四国の会社。求めていたやりがいを手に入れるため、全く縁のない土地へ飛び込んだ高幡さんに体験談を伺ってみた。

- プロフィールプラントエンジニアリング業 高幡智治さん(仮名) 28歳/高校卒
- 転職活動【転職回数】2回【転職期間】エントリーから内定まで120日間

転職前の職業・転職後の職業

職業 プラント技術者 職業 プラント技術者
業界 エンジニアリング会社 業界 エンジニアリング会社
仕事内容 製鉄所内・発電所内の点検・メンテナンス 仕事内容 発電所内等の点検・メンテナンス(現場監督・計画含む)

1目指すは大手企業、勤務地をしぼらないやり方で希望が叶う

現在のお仕事はどんな内容ですか?

発電プラントの保守・点検をしています。具体的には、設備台帳の作成や日常点検、トラブルがあった際の対応、協力会社への発注、見積りや請求書の作成、工事計画の検討など、幅広い仕事を任せてもらっています。

入社前のご経歴を教えてください。

北海道の高校を卒業した後、千葉で10年働いていました。1社目は製鉄会社の協力会社。製鉄所内のさまざまなライン設備の保守・保全や、整備作業に約8年携わっていました。その後、電力関係のメンテナンスを行う会社に転職。現場作業員として発電所内のプラント点検やオーバーホールなどを約2年間経験しました。

転職のきっかけは?

1社目は、協力会社でしたが規模が大きく、社員も1万人、福利厚生も整っていました。しかし製鉄所内の作業環境はとても苛酷で給与も満足にはもらえませんでした。悩んでいた頃、協力会社の社長から誘われ、1度目の転職。2社目は電力会社の協力会社でしたが、電力会社からみれば3つも4つも下の会社です。言われたことをこなしていくような仕事しかない、自分がどんなに頑張っても会社の立場は動かせない、そんな環境に物足りなさや将来への不安を感じてしまい、転職活動を始めてみることにしました。

転職活動はどのように進めましたか?

インターネットで大手の人材紹介会社に登録。勤務地を絞っていなかったのがよかったか、1日に2~3通のオファーメールが届きました。その中に、リージェントさんから紹介されたこの会社がありました。実は最初はそのオファーに興味が湧きませんでした。名前も聞いたことない会社だったからです。ところが1週間後、再度オファーメールが届き、初めて会社について調べてみたら電力会社のグループ会社でした。そこから、香川と千葉をスカイプでつなぎ、担当コンサルタントに 面談をしてもらい、面接を受けることに決めました。

今の会社に決めたポイントは?

以前も電力関係のメンテナンスをやっていたので、仕事のイメージができましたし、電力会社のグループ会社だということも魅力でした。また、給料の希望もしっかりと聞いてもらえました。

四国にゆかりはありましたか?

実は訪れたこともなく、想像もできないほど遠い場所でした。前職の同僚からも驚かれました。でも働く地域にこだわりはありませんでした。

初めての土地への転職。不安はありませんでしたか?

実は私以上に、転職先となる会社 に心配されました。配属される場所が高知県の中でも田舎にありましたから。会社から、「一度町を見てもらえませんか?それで納得したら入社してください」と言われたほどです。実際行ってみると高知空港から車で2時間という確かに遠いところでしたが、大きなスーパーもあり暮らしていけると思い決意しました。

2協力してトラブルに対応。それをきっかけに、周囲と一気に打ち解けた

転職していかがでしたか?

まずは高知市内で1ヵ月間研修を受けた後、今の事業所に配属になりました。20人の社員がいますが、機械課は私1人だけ。だから設備のことは全部任せてもらっています。でも忙しすぎて困るということはないですね。ただ、トラブルが起きれば夜中でも電話がかかってきて、対応しないといけません。職場は地元の人ばかり、方言もわからず、慣れるまで苦労もしました。設備の台帳作りを1人黙々とやっていましたが、機械のトラブルがきっかけで距離が縮まり、一気に打ち解けることができました。仕事後は飲みに行くなど、今はとても楽しく働いています。

生活面での変化はいかがですか?

現在はアパートで1人暮らしをしています。そういう意味では以前と生活とあまり変わりありませんが、通勤時間はかなり短くなりました。前職は車で1時間かかっていましたが、今は2~3分。休日は高知市まで車で2時間かかってしまうので、あまり出かけなくなりました。でも普段の生活に不便さは感じていません。

困っていることや課題はありますか?

仕事では、お金の計算など、今まで経験したことのない業務に最初は戸惑いました。プライベートでは、近くにボウリング場がないことです。千葉では実業団でボウリングをやっていて週末練習していましたが、今は月1程度。これからもボウリングは続けたいと思っているので、もう少し練習したいですね。あとは地元である北海道に帰る時は不便になりました。四国内のどの空港からも北海道への直行便がないので、帰省しようと思うと時間もお金もかかってしまいます。

転職してよかったと思うことは?

仕事を任せてもらえるようになったことです。前職では言われたことを、言われた通りに作業するしかできませんでしたが、今は自分の仕事を自分で決められるようになりました。また、仕事で関わる人もすごく増えました。以前は上の会社の人とだけでしたが、今はお客様、メーカー、協力会社、社内の他部署の人など、様々な人と関わりながら働いています。私は1人でいるよりも、人と関わることが好きなので、仕事も楽しくなりました。縁もゆかりもない土地で働く唯一の不安は、人間関係を0から作ることでしたが、スムーズに溶け込むことができたと思っています。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

自分が実感したのは、「悩んでいる時間があるなら、とりあえず受けてみるべき」ということ。なぜならリージェントさんがもう1度オファーメールを送ってくれていなかったら、今の自分はなかったからです。前職の同僚たちの中にも、転職を悩んでいる方が多くいますが、行動せず悩んでいるだけになっています。具体的な助言をもらえますから、人材紹介会社の利用はおすすめです。リージェントさんからは、経歴書の書き方や面接でのアピールの仕方など、様々なことを教えてもらいました。あとは場所にこだわらない転職活動もあるということ。私も勤務地を限定していたら、チャンスも狭まっていたはずです。地方にはチャンスがあります。だからぜひ広く目を向けてみてはどうでしょうか。


コンサルタントの紹介へ

株式会社リージェント 渋谷 智子

TV電話(Skype)を通じてお伺いした、大切にされている考え・性格・キャリアプラン・ご経験、との合致度が高く「地方に、こんなにも理想通りの仕事があるんですね」と喜ばれたのを記憶しています。実業団の遠征(ボーリング)で全国行脚をされている高幡さんが未だ足を踏み入れたことがない(!)という四国に、本当に来ていただけるのか、その点のみ不安がありましたが、選考で四国に来られる際は二度とも泊りがけで来られ、「方言が(笑)…」と戸惑いながらも、レンタカーで熱心に情報収集される姿が印象的でした。選考(面接)後の待合わせに満面の笑みで登場され(写真は少し緊張されていますが、とても笑顔が素敵な方です)「やりたかった仕事を任せてもらえそうだ」という言葉に、リージョナル転職をお手伝いできる私の立場を有り難く感じました。実際の仕事では、すでに重責ポジションを担われていますが、「周囲の人に恵まれて」と仰る謙虚さ、また電話越しにも笑顔が伝わる明るい声に、私も毎回エネルギーをいただいています。

専門のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を無料でサポート!

エントリー いますぐ転職をお考えの方へ! プレエントリー いつかは転職とお考えの方へ!

ページの先頭へ

展開拠点

求人検索

地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア香川