リージョナルグループスタッフBlog

その他2018.10.22

読書の秋

こんにちは。リージョナルキャリアの吉津です。10月も後半を迎え、過ごしやすい日が多くなりました。秋といえば、『実りの秋』『芸術の秋』『読書の秋』『スポーツの秋』といろいろとありますが、皆様の秋といえば何でしょうか?私は『スポーツの秋』で、息子のサッカーの試合を見に行ったり、子供と一緒にカマタマーレ讃岐の試合を見に行ったりしてきました。天候にも恵まれ、楽しい時間を過ごすことができました。また、『読書の秋』も楽しんでおり、最近は昔読んだ本を読み返しています。読み返してみると、昔と今では感じる部分が違ったりするのも楽しいですね。最近読み返した本の中で、皆様にオススメしたい本があったのでご紹介します。

『言葉にできるは武器になる』(2016年、梅田悟司著、日本経済新聞出版社)

電通のコピーライターの方が書かれた本で、2016年にヒットした本です。私も当時の上司に教えてもらい読みましたが、今回改めて読み返して感じるところが以前よりも多くありました。

印象的なワードは【「言葉にできない」とは「考えていない」のと同じである。】です。「考えていない」と人から言われるとショックを受ける方も多いと思いますが、「言葉にできない」=「考えていない」と判断されやすいことは大事なポイントだと思います。話し手の考えや意見を「言葉にできない」と、聞き手に伝わらず、結果「この人あまり考えていないな」という印象を与えてしまいます。このようなことは日常のコミュニケーションでも起こりますし、採用面接などの場でも起こってしまいます。本当に考えていないのではなく、うまく伝わらずに、結果「考えていない」と判断されてしまうのです。

この「言葉にできない」を「言葉にできる」に変えるための方法論がこの本には書かれています。詳細は本を読んで頂ければと思いますが、大事なポイントは、【外に向かう言葉だけでなく、内なる言葉に目を向ける。】こととされています。この「内なる言葉」を認識して、自分の意見を育て、「外に向かう言葉」に変換していくことが大切とされています。私自身も転職を経験した際に、本当にいろんなことを考えました。ただ、考えたというよりも、「内なる言葉」と向き合い、本当に大切にしたいものを「外なる言葉」に変換していってたんだなぁと、改めて気づきました。

転職を検討されている方に直接参考になるかはわかりませんが、ご自身の考えをより深めて、より明確に伝えていく参考になる書籍だと思いましたので、気になる方は手に取ってみていただければ嬉しいです。また、私もキャリアコンサルタントとして、「内なる言葉」に寄り添い、転職検討者の方が大切にしたいことをサポートができるよう、取り組んでいかなければと改めて実感し、決意した『読書の秋』でした。

リージョナルキャリア香川は、香川の転職エージェント(株)リージェントが運営しています。

この記事を書いた人

リージョナルスタイル認定コンサルタント
吉津 雅之

バックナンバー

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
高松市 丸亀市 坂出市 善通寺市 観音寺市 さぬき市 東かがわ市 三豊市 綾歌郡 仲多度郡 木田郡 小豆郡 香川郡
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
注目キーワードで探す
グローバル 管理職 スペシャリスト 管理部門 【キーワードを入力】
面談会情報を探す