リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア香川で転職した方々に体験談をお聞きしました。

今は大好きなモノ作りに全力投球!休日は瀬戸内海で釣りざんまい。

株式会社福本ボデー
中村龍之介さん(仮名・開発設計) 30歳

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで46日間

香川県の大学・大学院で学んだ後、滋賀に工場を持つ大手メーカーに就職した中村さんは、オフィス用チェアの開発に携わっていた。ユニットの担当者を任されるようになるなど、仕事は順調。自分も不満はなかった。だが、気がかりなことが1つ。奥さんが「香川に帰りたい」とこぼすようになったのだ。その後、会社の方針転換による転勤の増加もあり、香川へのUターンを決意。大手から中小企業に転職した。そこは、全国でも珍しい特殊車両の専門メーカー。オーダーメイドのモノ作りは楽しく、休日は大好きな釣りも再開。年収もむしろ前より少し上がったという。「地方への転職は、やりがいも年収も下がるのが当たり前」というイメージをくつがえすような、中村さんの転職活動を聞いてみた。(※本記事の内容は、2016年2月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
オフィス家具の製造・販売
職種
開発設計
業務内容
新製品の開発設計・既存製品の品質改善

転職後

業種
特殊車両の製造
職種
開発設計
業務内容
各種車両の開発設計

情報はたくさんあるけれど、どうしていいかわからなかった最初の2ヵ月。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

特殊車両の設計をしています。特殊車両というのは、例えば、工場の中で重量物を載せて走る搬送車や、肥料散布のための農業用車両などのこと。スケールはピンからキリまであり、小さいものは1人乗りの小さな台車から、大きいものになると30トンの重機を運べる搬送車まで作っています。基本の形はありますが、ほとんどがオーダーメイド。お客様の要望をもとに、CADを使って設計し、協力業者に部品を発注して、自社の工場で組み立てています。基本的には1人で1台の工程をすべて任されていて、設計から、部品の発注、お客様に立ち会ってもらっての確認、修正、出荷前の検査まで携わっています。開発期間は着手し始めてから出荷するまでおおよそ4ヵ月というところでしょうか。できあがった特殊車両は全国で活躍しています。

入社前のご経歴を教えてください。

大学院を出た後、オフィス家具のメーカーに就職し、滋賀にある工場でオフィス用チェアの設計をしていました。こちらは量産品なので、1つの製品を5~6人で約1年かけて開発していました。具体的には、背もたれ、肘置き、脚といったユニットごとに分かれて、企画、試作品の設計、社内レビュー、部品の設計・注文、完成品の試験などに取り組んでいました。退職する前には、1つのユニットの担当を任されていました。

転職のきっかけは?

仕事自体には不満はありませんでした。ただ、入社3年目に結婚した妻が「香川に帰りたい」と言うようになってきていました。彼女は生まれも育ちも香川。滋賀には友人もあまりいませんでした。また、私が29歳になった頃、会社の方針が変わり職場内でも転勤が増え、いつ自分も転勤になるか不安な状態だったこともあります。今後もし子どもができても知らない土地での子育ては厳しいのでは?と二人で真剣に話し合うようになり、私も大学時代を過ごした香川は大好きでしたので、「じゃあもう香川に腰をすえよう!」とUターンすることに決めました。

転職活動はどのように進めましたか?

まずは大手の転職サイトと、香川の地元企業ばかりを扱ったサイトに登録しました。でもスカウトメールだけを見ていても、希望とは違う業種であったり、全国転勤がある会社であったりと、最初の2ヵ月間は動くことができないままでした。そんなときリージョナルキャリア香川からメールが届きました。そのメールに今の会社の話が書いてあり、仕事は設計だし、大学院時代は自動車の安全技術を研究していたので特殊車両というのにも興味がわきました。連絡をとったところ、すぐに面接の段取りをつけてくれて、あとはトントン拍子に進んでいきました。

今の会社に決めたポイントは?

面接のときに工場を見せてもらったのですが、実際に作っているものを見て、単純に「おもしろそう!」「こういうのを作ってみたい!」と思ったことが決め手でした。もともと工学部の人間で、メカには興味がありましたから。ただ最初は、前の会社が大手だったので、「中小企業は大丈夫なのか?」という不安はありました。でもそれも工場を見て払拭されました。働いている人たちや、社長、専務とも話してみて、問題ないと思いました。大きい会社の方がやりがいも大きい、と思っていましたが、規模は関係ないのかなと。この会社の社員数は65名ほど。規模は小さいけれど、ちゃんと独立して、自分のところでモノ作りを最後まで行っている。それってすごいことだなと感じました。

会社は求人票の数字だけじゃわからない。自分の目と第三者の目が大事。

転職していかがでしたか?

思っていた通りの会社でした。ちゃんとした技術者がいて、目標に向かってそれぞれがしっかりモノ作りをしている。いいなと思いました。開発部は僕を入れて6人。同年代が3人いて、3人とも中途で入った先輩です。だから心強かったですね。仕事は毎日忙しく、途切れることなくオーダーが来ています。入社当初も研修ではなく実務から始められたので嬉しかったです。そして自分が設計した製品が、その数ヵ月後にはカタチになって出てくる、そのスピード感も楽しいです。モノ作りに全力投球できるようになりましたね。社長と専務の判断のもとでみんなが動く、というシンプルな形でストレスを感じることなく打ち込めています。

生活面での変化はいかがですか?

いちばん変わったのは、休みの過ごし方です。滋賀のときは休日もあまり外出しませんでしたが、香川に帰ってきてからはよく出かけるようになりました。昔から釣りが大好きだでしたが、滋賀は海もないのでやっていませんでした。でも帰ってきてからはもう一度道具を買い揃え、ほぼ毎週、釣りに行っています。奥さんものびのびやっており、昔からの友達と出かけたり、両親や姉妹と食事をしたり、「帰ってきて嬉しい!」と喜んでいます。

困っていることや課題はありますか?

今は特にありません。設計で使うCADのソフトは、初めて扱うものだったので最初は戸惑いましたが、すぐに慣れましたね。あとは今、通勤時間が車で1時間かかるので最初は大変でした。でも1ヶ月くらいでそれも慣れ、好きな音楽を聴きながらドライブを楽しんでいます。収入面も問題ありません。1年目の年収は、転職前とあまり変わらないか、むしろ少し多いくらいでした。家賃は滋賀の方が高く、こちらでは実家から野菜をもらえたり、ご飯に誘ってもらえたりすることも多く、残るお金は増えていると思います。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

転職先を探す際はどうしても会社の規模に目がいくと思いますが、求人票に書かれている数字だけじゃわからないこともあります。実際に「自分の目で見る」ということを大事にしてほしいと思います。また、私はリージョナルキャリア香川に本当に助けてもらいました。ネットで探しているだけだと、なかなかいい話はありません。ところが、コンサルタントを介してみると、すぐにこの会社と出会えた。持っている情報量や仕事の中身、社長の人柄まで、第三者目線の会社情報を教えてくれたので、本当にありがたかったです。もしあのまま1人で転職活動を続けていたら、今頃自分はどうなっていただろう?と思うほど、感謝しています。

担当コンサルタントから

株式会社リージェント 
加地 盛泰

中村さんと初めてお話をしたのは、まだ県外にお住まいで平日は遅くまで残業されている時期でした。すでに他のエージェントも利用されていましたが、香川県に希望するような企業があるのかと不安をお持ちでした。単に転居を伴わない暮らしを求めるというより、奥様とも話し合いを重ねられており、「技術者として今は管理的業務よりも、スペシャリストでありたい」など長期的なキャリアについても熟考されていました。転職を通じて解決したいこと、叶えたいことも明確にお持ちで、お話の中で多用されたキーワードから今回の企業様との強いご縁を感じました。どんな方と働くのかをとても気にされており、二度の会社訪問にご一緒しましたが、緊張気味だった中村さんがすぐに意気投合され、目をキラキラさせる姿が印象的でした。上場企業から中小企業への転職でもあり、できる限り不安材料をなくしていただくため、工場内の見学・設計資料も多く開示いただき、納得の入社となりました。中村さんが大切にされてきたスタンスと、この企業様が大切に考えられている点が合致しており、私自身も内心とても嬉しく興奮気味なご縁となりました。ご活躍を伝え聞き、とても嬉しく感じています。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る