リージョナルグループスタッフBlog

その他2017.12.19

自分のことを知ってくれている人の存在について

キャリアコンサルタントという立場で、
様々な仕事に就いている方から直接お話を聞けるその時間は、
私にとって貴重な学びの場でもあります。

世の中のダイナミックな動きはもちろん、
業界動向や職種特有の仕事内容など、その只中にいらっしゃる方のお話は
どんなビジネス書よりも刺激と説得力があります。
また同時にその方が得た学びや哲学などからも、
自身の視野の広がりや
思考の柔軟性を得ることがあります。

先日もご面談の場で印象に残った言葉がありました。

「組織への愛着というのは社風という大きな問題ではなく、
どれだけ自分のことを知ってくれている人が組織にいるか、
それが愛社精神につながるんだと思います。」
(自社組織合併後に人事部での経験をお持ちの方です)

話の流れでサラッと出てきただけなのですが、
なぜかこの「愛社精神」という言葉に思いを巡らせてしまいました。

かつて、愛社精神の前提には終身雇用や年功序列、退職金制度など、
会社から与えられるもがあったかと思います。
しかし昨今の流れの中では、企業は次々にそういった仕組みを切り捨て、
また企業寿命も保証されるものではなくなってきました。

そんな今、愛社精神とも言える働きがいは、組織から与えられることに期待するのではなく、
自らが組織や組織を介する環境に
「見出していくもの」に変わってきたように感じたのです。

「自分を知ってくれている人」もまさにその一つかもしれません。
待遇や仕事内容は変えられなくても、人とのつながりによる働きがいは自らによって組織に見出すことができます。

ただ組織の在り方も人の価値観も多様な時代。
働く目的に愛社精神を必要としない意見だってもちろんあり得ます。

そうした前提の上で、自分の愛社精神(働きがい)を何とするか、それをはっきりしておくこともまた、
キャリア形成の中では重要なことなのかもしれません。

blogpic.jpg












この記事を書いた人

リージョナルスタイル認定コンサルタント
四ノ宮 こころ

バックナンバー

ページの先頭へ

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
高松市 丸亀市 坂出市 善通寺市 観音寺市 さぬき市 東かがわ市 三豊市 綾歌郡 仲多度郡 木田郡 小豆郡 香川郡
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
面談会情報を探す