リージョナルHERO

暮らしたい場所へのリージョナル転職を成功させたHERO

香川へのリージョナル転職を見事実現された候補者の大西 翔太さん(仮名)にインタビューしました。

会社の規模は10分の1に。でもここで得た歓びの大きさはそれ以上!

大西翔太さん(仮名)はかつて、徳島県で十数年間、大企業の技術者として働いていた。しかし39歳のときに、東京への異動が決定。迷った結果、妻と2人の子どもを残し、東京への単身赴任を選択した。刺激に満ちた東京での生活は楽しかった。仕事にも不満はなかった。だがそれでも、胸にぽっかりと穴があいたようなさみしさは埋められなかった。家族の大切さ、生まれ育った四国の良さに気づいた大西さんは、家族と暮らせる生活へのUターンを決意。会社の規模は10分の1になり、給料も減った。それでも、自然に囲まれて家族と暮らす生活は幸せいっぱい。仕事面でも、大企業時代にはなかったやりがいを見出しているという大西さんにお話をうかがった。

- プロフィール株式会社ミトラ 大西 翔太さん(仮名) 41歳/大学卒
- 転職活動【転職回数】1回【転職期間】エントリーから内定まで64日間

転職前の職業・転職後の職業

職業 技術職 職業 システムエンジニア
業界 ソフトウェア製造・販売 業界 医療IT
仕事内容 ソフトウェア製品の開発、および品質管理 仕事内容 電子カルテシステムなどの保守サポートを担当。

1東京への単身赴任で気がついた、当たり前の幸せの大切さ。

現在のお仕事はどんな内容ですか。

医療ITの会社で、電子カルテシステムなどの保守サポートを担当しています。お客様は、病院のお医者様。問い合わせに応じて、不具合を調査したり、検討して対応したり。その結果を開発チームにフィードバックするのも大切な仕事です。保守チームは4人。入社してまだ半年ですが、他の2名が入社したばかりなので、リードするポジションで働いています。

入社前のご経歴を教えて下さい。

出身は香川です。大阪の大学を卒業後、IT企業に就職。徳島で17年働きました。最初は開発から始まって、最後は品質管理をやっていました。品質管理ではチームリーダーを任されていました。

転職のきっかけは?

39歳のときに、東京への転勤を命じられました。徳島で結婚して子どもも2人いました。上が保育園の年長で、下の子が3ヶ月。上の子が小学校に上がるまでの1年間、とりあえず単身で東京へ行って、その間に今後のことを考えようということになりました。しかし会社の方針で、1度東京へ出たら、徳島に戻れる可能性はほとんどないこともわかっていました。一方、妻は徳島の人間で、「四国を離れるつもりはない」と。仕事には不満はなかったんですが、やはり家族と暮らしたい気持ちが強く、地元への転職を考えるようになりました。それと、四国を出てみて、改めて四国の良さに気づいたことも大きかったですね。自然が豊かであること。人が穏やかであること。それまで当たり前だったことが、当たり前ではないということに気がつきました。東京も楽しい場所でしたが、自分には地方があっていると思いました。

転職活動はどのように進めましたか?

転職活動を始めたのは、昨年の9月。最初は転職サイトなどを通じて自分で探していたんですが、難しかったです。「品質管理」で探していましたが、この職種はなかなか求人が出ていなくて。そんなときに妻の知りあいを通じて紹介してもらったのが、リージェントでした。11月にエントリーしたんですが、12月には今の会社を紹介してくれました。12月中に2回面接を受けて、2月には入社。リージェントに登録してからはトントン拍子でした。

今の会社に決めたポイントは?

自社製品に対する品質管理や保守ができる人材を探していたので、自分の希望とマッチしました。また私は仕事を通じて地域に貢献したいという気持ちも持っていました。その点、この会社は地域に根ざした会社で、地域貢献をうたっている部分にも共感を持ちました。あまり型にはまらず、自分たちで考えながら仕事をしていく、という風土も自分にあっているなと思いました。

2自分がやらなきゃ誰がやる!という気持ちになれた。

転職していかがでしたか?

中小企業は初めてでしたので、「ほんとになんでも自分たちでやるんだな」というのが新鮮な驚きでした。以前勤めていたのは500人規模の大きな会社。いろんなことがシステマチックに決まっていましたが、自分の仕事がどう役に立っているのかわかりにくかったし、上層部の方たちと会うこともありませんでした。しかし今は、社長とも毎日顔をあわせることができますし、自分が動いていくことで会社の大きなところを変えていける。これはいいなと思いました。実際、1人1人の責任範囲が大きいし、任せてもらっています。やりがいがありますよ。

生活面にも変化がありましたか?

正直、給料は減りました(笑)。でもそれは転職前に妻とも話していたこと。 「それでも帰ってこられるならいいんじゃない」と妻もいってくれていましたから。子どもをこちらの学校に通わせられるのも、うれしいこと。上の子はこの春から、小学校に入学しました。山が近くにある学校で、よく寄り道しては、虫を捕って帰ってきます。全然いうことを聞きませんが(笑)、それはそれで、元気に育ってくれていることがうれしいです。

ご家族との生活はいかがですか?

ようやく当たり前の生活が戻ってきたという感じですね。家族で暮らせる良さをかみしめています。特別なことはないけれど、会社から帰ってきたら家族がいてくれる。とにかく、「いっしょにいる」ということが、いいんですよ。

課題などもありますか?

働く意識の改革ですね。前は大きな会社でしたし、「サラリーマン」という意識で働いていましたが、今は規模も小さく、1人1人の責任も重い。自分も「経営者のひとり」という意識で考え、動いていかなければなりません。会社もどんどん変化していきますし、盛りたてるために力を尽くしていきたいと思っています。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

転職活動をする前に、「自分がやりたいことってなんだろう?」と、つきつめることが大切だと思います。「今が大変」「今が不満」というのは、転職を考えるきっかけにはなると思いますが、それだけでは転職はうまくいかないのではないでしょうか。自分にとって大切なものをはっきりさせたうえで転職すれば、どんな条件でも納得できますし、後悔することもないと思います。また、地元に帰ってきて改めて感じるのは、田舎にはいっぱいチャンスがあるということ。過疎化や高齢化といった問題もたくさんありますが、それだけ「よくできる」チャンスもあるということだと思うんです。自分もこれから、地域になにか貢献できる仕事ができたらいいなと思っています。


コンサルタントの紹介へ

株式会社リージェント 加地 盛泰

四国にご家族を残し、東京で単身赴任中だった大西さんにお会いしたのは、昨年の11月でした。何と、手土産を持参して頂いていて、礼をつくすことを大事にされる方であることと、面談の中でもしっかりとしたお人柄であることを感じました。そんな大西さんは、家族との同居と、今までの経験を活かすことができる職場へのUターン転職を希望されていらっしゃいました。大西さんの実績・お人柄・四国エリアへの強い転職意志から、特化した領域で成長中のIT企業であれば、大西さんに活躍して頂ける可能性があると考え、ご紹介をさせて頂き、見事に採用ということになりました。今では、ご家族とも同居され、充実した日々を送っているとのことで、大変嬉しく思っております。共通の知人がいたこともあり、夕食をご一緒させて頂いたり、FBでも繋がるなど、良いお付き合いをさせて頂いております。

専門のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を無料でサポート!

エントリー いますぐ転職をお考えの方へ! プレエントリー いつかは転職とお考えの方へ!

ページの先頭へ

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
高松市 丸亀市 坂出市 善通寺市 観音寺市 さぬき市 東かがわ市 三豊市 綾歌郡 仲多度郡 木田郡 小豆郡 香川郡
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
面談会情報を探す